サービス一覧

法人向けネット印刷サービスプリントサイバー
  • サービス概要
  • 特長
  • 導入事例
導入事例1 FAXによる注文管理のWEB化により、一括管理と業務の効率化を実現
導入前
  • 発注書を印刷し、管理部門にFAX送信、承認後も工場へFAX送信する手間や時間がかかる。
  • 出し直しなど修正があった際、再度同じ工程を踏む必要がある。
  • 名刺データの修正や変更の際、データをPDFにし、メール等で送る手間がかかる。
導入後
  • WEB上で発注申請や名刺の確認ができ、印刷やFAX送信といった手間がかからない。
  • 発注書出し直しなどもWEB上で簡単更新。
  • 発注書や名刺デザインの確認を管理部門もウェブ上でいつでも確認ができるため、決裁がスムーズ。
  • データとして一括管理ができるため、発注書紛失の心配がなく、過去の履歴をすぐ確認できる
導入事例2 名刺の内製業務をアウトソースする事で 、人事異動時期の大量注文も遅滞なく名刺を配布
導入前
  • 人事異動時期など名刺作成の申請が集中する期間は納期に間に合わなくなる。
  • レイアウトパターンが多いとデータ制作業務が煩雑になる。
  • 検品・仕分け・梱包の手間がかかる。
導入後
  • 申請が集中する期間のみ発注を⾏う事で、印刷部門の業務効率と短納期の両方を実現。
  • 申請ルールの変更を行わずに、印刷部門のみの対応で発注が可能。
  • 人事データをインポートする事で⼀括注文が可能。
導入事例3 他のサプライ商品と同様に、名刺の購買システム連携により購買業務の効率化を実現
導入前
  • 文具などの注文と名刺の注文サイトが異なるため、申請・承認のフローが複雑。
  • 請求元が統一できず、精算処理が煩雑。
  • システムが異なるため、申請者からのID・パスワードの問い合せが多い。
導入後
  • 購買サイトにて申請・承認が可能となり、購買フローの効率化が実現。
  • 名刺以外にも、はがき・年賀状や封筒などの名入れ商品の商品展開も可能に。
  • 請求元が一本化され精算処理が効率化。
  • 購買サイトからの自動ログインにより、ID・パスワード管理が単純化。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
ページTOPへ