• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • ちょっとしたことで効果が変わる新入社員の名刺
  • ちょっとしたことで効果が変わる新入社員の名刺

    ちょっとしたことで効果が変わる新入社員の名刺


    営業のきっかけになる新入社員の名刺


    社会人になり社員になれば、やはり名刺が大切です。名前を覚えてもらうだけではなく、自分という存在を知ってもらうことに意味があるでしょう。特に新入社員には欠かすことができません。これから社会人あるいは企業人として活動していく上で、存在を印象づける必要があるので、新入社員だからこそ名刺の作成を進めていかなければいけないでしょう。
    名刺にはさまざまな役割がありますが、プロフィールを入れたりするのは有効な手段となるでしょう。最低限の情報でも役割を発揮することができますが、業務内容なども一緒にすることによって、印象を強くすることができるからです。新入社員となると、業務内容の説明も十分ではないことも珍しくはありません。名刺に記載することで、それを補うかたちをとることができれば、効果を高めることができるでしょう。
    プロフィールとしても、さまざまな使い方ができます。生年月日などを入れてみるのもひとつですし、出身地や趣味などを入れてみるのも面白い方法です。あまり細かくすると、個人情報をばらまくことにつながるため、危険性のない情報やまとめ方に留意しましょう。共通の趣味や年齢などが、話をするためのほんの少しのきっかけになれば、覚えてもらいやすくなるだけではなく、営業するチャンスにもつながるかもしれません。単に名前を覚えてもらうだけではなく、相手から関心を持ってもらうということも大切だからです。
    実際には、限られた紙面しかありません。そこに情報を載せる以上、あまり多くの文字数をとることができないでしょう。そこで、似顔絵や写真、イラストを入れてみるというのもひとつの方法です。小さな紙面であっても印象を強くすることができますし、内容も伝えられます。より多くの情報を詰め込むことができるため、新入社員にも向いている方法といえるでしょう。

    印象を強めることと許容範囲


    新入社員として印象を強める方法としては、デザインを変えるだけではありません。シンプルなデザインであっても、加工方法を変えてみるだけで大きな差をつけることができます。例えば、紙の種類を変えてみるという方法があるでしょう。厚みのある紙にするだけでも、印象は強まります。最初のうちは、そこまで枚数を使うことができなかったりするのですから、差別化としても面白いでしょう。つやの強い用紙にしてみるというのもひとつで、真新しさを感じさせることができるようになります。ほんの少しの工夫ですが、印象の操作という点で大きな役割を果たすのではないでしょうか。
    加工ということでは、角丸などもありますが、業種によってはイメージがつながらないということも出てきます。どんなところでも使えるというわけではなくなりますし、派手なイメージを与えすぎてしまうこともあるでしょう。印象ということをはき違えないようにすることも、新入社員の名刺としては重要になってきます。あまりにインパクトが強すぎれば、本人が支え切れなくなるからです。許容範囲も狭いということを考え、あまり大きく打って出ないということも必要でしょう。
    手書きのメッセージを書き入れられるように、専用のスペースを作っておくのも方法です。新入社員らしく、さまざまな言葉を残すこともできるでしょう。これによって、印象を強めることもできるからです。インパクトを残すということは、何も派手にするということだけではありません。さまざまな方法で変化をつけることができますので、色々と工夫してみるといいでしょう。

    システム化することで機会損失をなくす


    新入社員でさまざまなところを回っていれば、名刺はあっという間になくなります。もしも、営業職で名刺が切れてこないのであれば、回っている数が少ないと判断することもできるでしょう。そうなると、効率よく補充できるかどうかがポイントです。足りなくなってしまえば、行動に足かせをしてしまうことやせっかくのチャンスを逃してしまうことにもつながります。新入社員では、カバーできないような事態も出てくるでしょう。そうならないようにするためにも、名刺発注システムを確立させ、必要に応じて発注ができるようにしておくと簡単です。
    新入社員では、名刺の残量と時間の予測は簡単にはできないかもしれません。まったくなくなってしまうという不測の事態も考えられます。大きな機会損失を招く可能性もありますので、それを防ぐシステムが大きな助けになるはずです。さらに、書類や発注手続きの問題もあるでしょう。時間をかけてしまうと損失が出てしまうことになるのですから、システムを構築して、シンプルに発注できる方が良いでしょう。
    各部署の認証に関しても、情報の共有により簡単になるため、業務の効率化につながる点も重要です。新入社員のためだけではなく、企業としての活動全体を考えても、効率化を考えてシステム化しておくことには大きなメリットがあります。うまく活用できれば、コストも無駄な時間も減らすことができるのですから、有用な方法であるといえるでしょう。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ