• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • スピードを高めたネット注文による名刺の発注
  • スピードを高めたネット注文による名刺の発注

    スピードを高めたネット注文による名刺の発注



    印刷会社からインターネットへ



    多くの会社では、印刷会社に原稿を持ち込み名刺の注文を行っていました。しかし、「時間」と「手間」がかかります。それだけの負担が増えますが、現在ではネット注文という新たな作成方法が活用されるようになりました。ネット注文であれば、こうした手間はかかりません。原稿を入稿すれば、あとは印刷して届くのを待つだけです。支払いもさまざま方法から選ぶことができるようになっており、スピーディに進めることができます。さらに、費用は大きく変わりません。時間を有効的に使いたいと求める現代社会として考えれば、これほどぴったりくるものもありません。

    印刷会社へ注文するとなると、以前であればまずは手書きで下書きを起こしてから、それを印刷会社に持ち込みデータ化して印刷を行っていました。ところが、現在は作成ソフトを使いこなす人も多くなりました。こうしたソフトが使えれば、さほど手間をかけずに名刺は作ることが可能です。ネット注文をする場合でも、フルオーダーできるのですから、好きなデザインにすることもできるでしょう。パソコンの基礎的な操作ができれば作成することができつため、そこまでの難易度ではありません。

    現在のネット注文では、テンプレートでの発注も可能です。以前はテンプレートの数も少なく選ぶほどありませんでした。しかし現在ではどのネットショップも多くのテンプレートを用意しており、これを基準とすればだれでも簡単に作成することができるでしょう。作成ソフトの知識や技術も必要ないため、難易度は格段に下がります。もちろん、依頼者からイラストや文字などのイメージを口頭やメールで伝え、原稿に起こしてくれるところもあるため、使い方ひとつで利便性は大きく変化します。

    どのような方法をとったとしても、ネット注文のスピードや利便性は揺るぎません。注文からのスピードや活用方法において、印刷会社へ注文するよりも優位であることは確かでしょう。



    ボトルネックの解消とWebの活用



    ネット注文で名刺を依頼することは非常に簡単です。情報の共有もスピーディに展開することができます。しかし、企業であればそうはいきません。デジタル化社会であっても、企業という存在はまだまだアナログの要素が残っているからです。

    例えば、名刺を注文することが決定したとします。ところが、名刺を発注するためには、さまざまな手順を踏まなければいけません。自分の名刺の希望を総務に相談して、そこから認証を受け、上司の確認をとって発注となります。こうした手順を踏んでいると、ネット注文の最大のポイントであるスピード感が発揮されません。必要な時に手に入れることができる利点は、こうした組織の硬直化によって意味をなさないものになるでしょう。他にもデータ変更で手間をかけなければいけないことも多く、やり取りをしているだけで、驚くほどの時間をかけてしまうこともあります。こうした組織の手続きを何とかしなければ、ネット注文は活かすことができません。

    このような問題点を乗り越えるためには方法があります。例えばインターネット上で管理部門と情報を共有できるようにします。Web上で管理部門においても修正や発注が共有できれば、決済のスピードも上がるでしょう。要件に関わる全員がWeb上で確認できるようにすることで、必要な時に名刺を手に入れることができるようになります。

    また、データも一括管理することになるため発注書の紛失などの心配もいりませんし、一元管理することで過去の履歴を参照することも簡単です。デメリットであったスピードの欠損をカバーすることができる方法といえます。



    今でも変わることのない最強の営業ツール



    ネット注文になったとしても、名刺の利便性は全く変わることはありません。名刺をデジタル化する方法もありますが、紙媒体であるがゆえに有用です。そこには、さまざまな個人情報が記載されており、それぞれの名刺で違いがあります。その違いが個性であり、自己PRでしょう。挨拶のためだけに使うのではありません。名刺を差し出すというところから、ビジネスはスタートしているからです。第一印象を決める大事な名刺は、デザインを見た瞬間に印象が相手に焼き付きます。会社のセンスを表現することもできますし、たまたま知り合った人にでも、名刺を通じてどんな人間なのか、どんな企業なのかということを知らせることができるからです。

    紙ゆえに、触ったときの感触もその情報として伝わります。プラスチックでは、こうした情報を伝えることはできないでしょう。ところが、紙には独特の風合いがあり、温かみがあるからです。そこに自分たちのデザインを乗せるからこそ、重要なものとして扱われ、その人の顔として認識されるといえるでしょう。

    どんなに時代が変わったとしても、名刺は最強の営業ツールであることには変わりません。受け取った瞬間にさまざまな情報を伝えることができるのですから、これほどのものはないでしょう。それをスピード感持って手に入れることができるため、ネット注文を利用する価値は大きいでしょう。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ