• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • デジタルを利用して名刺発注の枚数と印刷に関するデジタル技術
  • デジタルを利用して名刺発注の枚数と印刷に関するデジタル技術

    デジタルを利用して名刺発注の枚数と印刷に関するデジタル技術


    デジタル印刷のシステムの提供



    ビジネスの世界では、名刺交換を行うことが常識的な挨拶になりますが、営業など日ごろ名刺を交換する機会の多い社員は、大量の枚数を発注する必要があります。今までの印刷方法では、時間が大変必要となり簡単に追加発注をすることが難しいのが実情でしたが、最近では変化しています。それがデジタル技術を印刷技術に導入する方法です。

    デジタル技術では、パソコンやインターネットなどを利用することでweb上での印刷を行うことが可能となります。今まで印刷のために行ってきたアナログ的な工程が省かれることで、短期間での納品が可能となります。企業によってはこのサービスを提供しており、このサービスを独自の印刷部門や管理部門に導入することで大変便利なシステムとして構築することができます。特に印刷の枚数は大変膨大な量となる大企業にとっては、デジタルによる印刷技術を導入することは、コスト削減につながることになるので、大変魅力的なシステムを導入することができます。この技術を提供する企業では、取り引き条件やヒアリングを繰り返しどのようなシステムの構築をすれば良いか検討しこれを提供することになります。そして、形になり、印刷技術をシステムの構築としてその企業に提供することで、その企業では必要な印刷をデジタル技術として行うことができます。インターネットのサイト構築やシステムの導入を行うことで、企業にとってはこれまで時間のかかった印刷についての短期化とコスト削減を行うことができるため、印刷を膨大に行う企業にとっては導入したい技術となります。

    また、名刺発注に関しては個人の情報を提供することになりその情報に関する管理を行うことも必要となります。このシステムを導入することは、この管理に関しても同時に行うことができるため、情報の管理技術も向上することになります。



    デジタル印刷の枚数について



    デジタル技術を導入することは、短い期間での印刷物を作成することに成功します。しかし、素晴らしい綺麗な印刷物であっても必要な枚数を準備することができなければ意味のないシステムやサービスとなります。特に自社内の印刷に関するサービスの構築をしていない場合には、利用する企業から完成した印刷物が発送されることになります。大量の印刷物であればそれだけ時間を要することになりますが、デジタルの技術による印刷物を作成した場合には、短い時間で作成することができるため、現在の物流システムを利用することで短期間で配送することも可能となります。

    大量の名刺発注の枚数であっても、短い時間で印刷されるだけでなく配送に関しても短い期間で行われる事は、これまでの印刷技術に比べると考えられない期間で入手することができます。検品や校正の問題についても、web上で行うことになるため、手直しも簡単にできます。そのため最終的な印刷を行う時間をあまり必要とせず作成することができます。また、データ入力されており情報に関する管理が行われているため必要な変更を簡単に行うことができます。

    これは大量に発注された場合でも対応することができるため、名刺の発注される繁忙期の時期でも大差なく納品することが可能となります。自社内でこのデジタル技術のシステムを導入している場合には、管理部門による更新を一括で行うことができるため、社員の異動時期後に必要な名刺を滞りなく準備することが可能となります。大量に発注する必要がある大手企業や上場企業の場合には、導入することでメリットの多いサービスとなります。



    デジタルによる名刺発注



    デジタル技術による名刺発注に関しては、数十年前から導入されているサービスです。しかし、このサービスの技術が向上して今のようなシステムの構築や迅速なサービスの提供を行うことができるようになるまで、いろんなトラブルを対応して、今日のサービスやシステムを提供することに成功しています。

    名刺などの発注に関しては、特別な時期でなければあまり発注されることのない印刷物になります。しかし、異動や新卒の入社時期になると大量の印刷物の発注になります。これまでの印刷技術では、数ヶ月時間が必要となっており名刺が完成するまでに業務を行っている社員もいます。しかし、デジタル技術の印刷システムでは、これまでの期間よりも短い期間で名刺などの印刷物を本人に配布することが可能です。

    大手企業や上場企業になると必要な印刷物も大量になります。この大量の印刷物を同じように短い期間で対応できるのも、デジタルの印刷技術のサービスを利用することで実現します。自社内での印刷部門においてデジタル技術のこのサービスを導入していない場合には、外部に発注を行うことになります。

    しかし、このデジタル技術のサービスを利用することで、外部に発注をした場合でも迅速に対応してくれます。印刷物が完成すれば数日で配達することができる物流システムが構築されています。また、印刷物をまとめて印刷しなくても、印刷物に関するプログラムをweb上から送信することで、受け取った先で印刷をして印刷物を渡すことも可能となります。印刷の分散化を行うことができるため、それだけ早く必要な名刺などの印刷を手渡すことが可能となります。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ