• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • デジタル時代期突入!法人の名刺印刷サービス
  • デジタル時代期突入!法人の名刺印刷サービス

    デジタル時代期突入!法人の名刺印刷サービス


    デジタル印刷の概要



    印刷技術に関しても最近はデジタルの技術が進んでおり、DTPやweb上で作成したデジタルデーターから、印刷をするサービスが盛んに行われています。法人の名刺の印刷に関しては、大量に発注を行いますが、これに伴いコストも馬鹿にならないのが現実です。

    そこで最近ではデジタルの技術を使って印刷するサービスを利用する企業が増えています。企業によっては2006年ごろからこちらのサービスを提供している場合があり、今年になると10年の実績がある技術の提供を行う企業となります。これだけ長い期間の技術提供がある場合には、当然ノウハウなど必要な知識を十分に持っている企業だといえます。法人の名刺に関しても、白黒の印刷だけでなくフルカラー印刷を行ったり、特別なコードを導入したりと差別化を図ることで企業努力を行うことが増えています。これらの期待に応えることができる企業がデジタル技術を利用して提供することに成功しています。

    さらに、印刷技術に関しても料金の低料金化を行う事は、コスト削減につながるため、大変便利な仕様となっています。

    また、デジタル技術を導入することで短い納期で終了させるメリットが、企業にとっては特に好評となっています。それだけ大量発注をしても短い納期で用意できるのは、とても素晴らしいことです。営業マンの必須ツールを短期間で用意できる事は、その営業マンが出世や配置転換または新しい営業マンのために用意できる必須ツールが早く整うことを示しており、それだけ円滑な営業活動を行う環境が整うことになります。営業以外にも部署により必要なツールとなるので、短い期間の納期は大変魅力的なサービスになります。

    プリントバーンのサービスは、今では多くの企業で利用されるものに成長しています。



    デジタル印刷の特徴



    企業にとって必要なツールに関しては、早く入手する必要があります。デジタル技術を駆使することで多くの企業が利用することができる法人向けの名刺印刷を提供する企業では、いろんな企業からの要望に即時に対応できる環境が整っています。また、各企業による提案を受け入れて必要なサービスを提供するだけでなく、コスト削減につながるサービスを提供しています。

    便利なサービスの例では、オーダーマネジメント機能があり、インポート、エクスポート機能で必要なデータの一斉更新が可能となっています。企業の場合には数多くの人のデータを更新する必要があります。その一斉データ更新が可能になっているのは、大変便利な機能です。さらに、一括発注機能があるため、その企業が社員の異動時期になったときに、大量に発注を行うことが可能となります。これは迅速な納期にもつながることになり、大変便利な機能といえます。

    企業によって決済形式もそれぞれ異なっています。どのような決済形式になっているかは、企業により異なります。こちらのサービスでは、その企業ごとに異なる決済形式に対応しているため、企業ごとに必要なプログラムの変更などを行う必要がなくスムーズな決済を行うことが可能となっています。また、変更点については確認機能があり、内容変更や新しい注文を具体的に見ることができるため、間違った仕様もせずに労力を軽減させることに成功しています。

    このようにデジタル印刷については、特別なオーダーマネジメント機能が加わっていることで、トラブルやデータの変更などについて大量に行う場合も迅速に対応できる環境が整っています。



    早い納期



    デジタル技術による法人の名刺印刷について、サービスを提供している企業では、社内において一貫生産体制を導入しています。そのため再委託を行っておらず、情報に関して外部に漏洩するなどの問題が無いように対応することができます。貴重なデータに関しては、その企業のサーバーにて一元管理をしてセキュリティー対策を実施することで、個人情報の安全管理に努めています。

    今までの、法人の名刺印刷では、大量に印刷を受注する場合には、納期の時間がある程度必要となっていました。それは、アナログ的な印刷技術を行うことで納期時間が遅くなる問題が発生することによります。しかし、デジタルの印刷技術を採用している場合には、迅速な納期を実現することができます。 webサイトから必要なデータを提供することで、簡単にパソコンのプリンターから印刷することができ、そのため大量のデータであってもデジタルの技術により簡単に対応することが可能です。このように短い期間で必要なビジネスツールを入手することができるため、今までの印刷技術に比べて早い印刷技術を利用する企業が増えています。

    また、印刷内容による変更についてもすぐに対応することができるため、短期間での納期を実現しています。発注当初に印刷に関する計画を作成してそのスケジュールに沿った納期を行うため、他の企業では真似のできないスピード納期となります。印刷の納期に不満がある場合には、迅速な納期が実現可能なデジタル印刷を行っている企業に相談することで、この問題を解決することができます。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ