• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • 名刺のコスト削減方法や名刺発注フローの簡略化
  • 名刺のコスト削減方法や名刺発注フローの簡略化

    名刺のコスト削減方法や名刺発注フローの簡略化


    名刺のコスト削減方法について


    名刺は日本だけでなく海外でも使用されており、ビジネスマンには欠かすことができないツールです。名刺をやり取りするだけで実際に取引先の社員の名前や所属部門、電話番号やメールアドレスなど様々な情報を得ることができます。会社員の方の中には実際に日頃から活用している方は少なくありません。また、現在ではデザインに工夫をしている企業が多くなっています。なるべく相手に印象を残すため、自社を多くの方から選択してもらうために華やかなデザインや、名前だけでなく顔写真を載せる方もいます。数多く交換する機会は多いですから名前と顔が一致しないというケースも少なくないため、顔写真をデザインの中に取り入れればそれを受け取った方が次会う時も名前と顔が一致するため、効率的に商談や話し合いができるからです。
    しかし、企業の中にはコスト面で課題を抱えている方もいるのではないでしょうか。当然名刺のデザイン制作や印刷にはコストがかかります。できるだけコスト削減をして企業運営しやすい体制を整えたいと思われる管理者もいるでしょう。もしコスト削減をしたいとお考えであれば貴社で印刷せずに業者に依頼されてみてはいかがでしょうか。逆にコスト削減ができないのでは?と思われる方もいます。ですが実際に業者に発注した方が安く済ませられるというケースも存在しています。例えば企業で印刷を行っているところでは当然トナーを消費し、また、名刺の用紙は一般的な用紙とは異なりますから用紙に多くの費用が必要です。用紙一枚であれば負担は大きくありませんが、企業においては多くの社員が所属していますから全員分の人数になると1000枚を超えるというケースも珍しくないでしょう。また、社員一人一人一枚お渡しするのではなく、ボックスに入れて数百枚の名刺をまとめて印刷することになります。
    また、制作にはデザインも必要です。文字だけのデザインであれば制作にそれ程手間はかかりませんが、人の興味を惹くデザインを制作するために外注でお願いをしたり、社員に制作にあたらしているところもあるでしょう。外注すれば印刷の手間などはもちろんのこと、料金の中に用紙代なども含まれますから結果的にコスト削減ができる可能性があります。

    名刺発注システムを提供して名刺制作をしてくれる業者がいる!?


    発注を請け負ってくれる業者はたくさんいますが、企業の負担をなるべく少なくするために名刺発注システムを提供してくれる業者があります。コスト削減などに貢献してくれることはもちろんのこと、その他にも制作フロー簡略化を期待することができます。企業においては複数の部署があります。例えば営業部門、開発部門、管理部門などです。名刺の制作を開発部門で行うケースでは制作が完了したら管理部門に制作したデザインや内容などを確認してもらわなければなりません。そのため、ファックス送信やメール送信などをしなければなりません。
    一方、名刺発注システムを導入すればWEB上でデザインなどの内容の制作などをすることができます。また、確認もWEB上で行えますからデザインの制作から印刷までの制作過程を簡略化できます。当然インターネット接続環境がありウェブサイトに接続できる端末があれば遠く離れたところでも確認ができます。管理者に制作した内容を確認してもらい、承認ではなく修正依頼の申し出があった時、発注システムを導入していないところでは再び同じ工程を通ることになります。この修正の手間においてもWEB上で管理できることにより手間削減を期待できます。また、製品の中にはシステムで一括管理できる機能が搭載されています。この機能により発注書紛失のリスクが低下し、過去の発注書においても履歴で確認できますから発注における管理の利便性も期待することができるでしょう。

    コスト削減や制作簡略化の名刺発注システムを利用しよう


    コスト削減や制作簡略化が期待できる名刺発注システムを提供してくれる企業は一箇所だけではありません。そのため、初めて利用を検討している多くの方はどの業者を選択すればたくさんの恩恵を得られるのかわからないという方も少なくないでしょう。選び方のポイントの参考になるのは導入事例です。導入事例では業者が販売する製品にどれぐらいのメリットがあるのかを確認することができます。
    また、課題に対してこのように解決してくれるということが明確に記載されています。例えば大量発注に関して課題を抱えている企業では大量発注に対応できる製品を選択することになります。導入事例にはどのように大量発注に対応するのかが書かれていますから、貴社の課題を解決できる製品について導入事例を見ることできるので、選び際の基準となるでしょう。その他のポイントとしては充実した相談サービスです。相談ができることでアドバイスをもらうことができ、見積もりなどを取ればどのぐらいの値段が必要なのかを知ることができるでしょう。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ