• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • 名刺をネット注文しよう
  • 名刺をネット注文しよう

    名刺をネット注文しよう


    ネット注文はシステムの導入を検討しよう



    従来は、名刺を作りたいと思ったら作成や販売している店舗に足を運び、どのようなデザインにするか決めてから数日後に完成するという流れが一般的でしたが、現在ではネットから注文することが可能になっているところも多く、名刺を作成、管理できるシステムなども開発されています。主に、企業などでは取引先や企業同士で交換することも多くなっているので、頻繁に作成をすることがあるかと思いますが、こういった場合にネット注文が可能なシステムを導入することによって、色々なメリットがあると言われています。

    企業によっては、既にシステムを導入している所と、これから導入について考える企業などが存在していると思いますが、導入にあたってメリットについて知っておきたいと思っている人も多いと思うので、今回はネット注文のメリットとは何かについて紹介していきます。

    まず、1つ目にメリットとして挙げられるのが手間が省けることです。従来のサービスでは店舗に足を運ぶ必要がありますし、デザインなどの話し合いなどもあるので、何度も足を運んだりする必要がありました。印刷までも時間がかかるので、数日から数週間以上は時間が必要でしたが、現在のネット注文が可能なシステムを導入することによって、製作会社に足を運ぶ必要はありません。システムを導入することでウェブ上で申請し、プレビューの確認もすることができます。全てウェブ上で確認することによって、手間がほとんどかからないので、魅力的なシステムとなっています。

    続いて、2つ目にメリットとして挙げられるのが、コスト削減を実現することが可能な点です。企業にとって、コストを削減することは大切なポイントとなります。名刺は経費などで処理することができますが、なるべく経費削減をしたいと思っている人も多いのではないでしょうか?名刺はビジネスシーンで多く使用するので、なくなれば再度注文することとなります。その為、なるべく安く済ませたいと思っている人も多いと思いますが、ネット注文なら店舗運営費や人件費などあらゆるコストをカットすることができているので、名刺の単価も落として作成することができます。手間もかかりませんし、コストカットも実現できる方法となっており魅力的なので、多くの企業がシステムの導入をしています。

    その他にも、3つ目のメリットは短納期を実現できることです。ビジネスシーンではたくさんの人達と名刺を交換するので、再度注文することがありますが、製作会社によって納期は異なります。数週間から数か月ほどかかるところも存在していますが、ネット注文なら翌日には発送してくれる所も存在しています。あらゆる手間を省くことによって、短納期も実現することができるので魅力的です。

    このように、メリットについて3つ紹介しましたが、システムを導入することによって、魅力的な部分がたくさんあります。とにかく手間などを省きたいと思っている場合には、ネット注文のシステムについて考えてみると良いでしょう。



    ネット注文で名刺を作成するときのポイント



    社会人は名刺を所持している人がたくさんいるかと思いますが、それぞれデザインなどは異なります。交換する時に相手の記憶に残すためには、デザインについてこだわることは重要になるので、今回はこだわりたいポイントについて紹介していきます。

    まず、具体的に入れる内容を決めましょう。例えば、名前や連絡先などは入れている人が多いと思いますが、その他にも趣味や血液型などプロフィールなども入れることによって、自分のことを分かってもらうことができます。内容は薄く書くのではなく、なるべく知ってもらうために限られたスペースに多くの情報を入れると良いでしょう。また、文字のフォントもこだわりましょう。文字のフォントは基本的に多すぎると、読みづらくなるのでよくありません。多くても2種類までに絞り、好きなフォントを選択すると良いでしょう。

    このように、ネット注文で作成するときのデザインのポイントについて紹介をしましたが、デザインは重要になるので、ありきたりではなく、隅から隅までこだわるようにすると良いでしょう。



    社会人として名刺を渡す際のマナーについて知っておこう



    社会人になると名刺を渡す機会も増えてきますが、渡す時にはマナーが存在しています。知らずに渡してしまうと、相手に不快な思いをさせてしまったという事になる可能性もあるので、しっかりとマナーについて知っておくと良いでしょう。

    では、実際に渡す時のマナーについてですが、基本的に目上の人には相手が差し出した高さよりも低い位置で差し出すことが基本となります。あまりにも高い位置で渡してしまうと不快な思いをさせてしまいます。渡す高さなどを注意しましょう。また、座りながらテーブル越しで渡すのもマナー違反です。テーブル越しで企業と話すこともあるかと思いますが、テーブル越しの時に名刺を渡す時には、テーブルの横に立ってから渡すようにしましょう。マナーは重要になるので、失敗しないためにも事前に調べておくと良いでしょう。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ