法人向けネット印刷サービスプリントサイバー

名刺をWEB名刺発注システムで作る際もレイアウト・デザインは慎重に

名刺発注システム「PRINTBAHN II」 > コラム > 名刺をWEB名刺発注システムで作る際もレイアウト・デザインは慎重に

名刺をWEB名刺発注システムで作る際もレイアウト・デザインは慎重に



ビジネスマンにとって必須アイテムでもある名刺は、仕事をうまく行うためや円滑なコミュニケーションを取るために不可欠です。ある意味では自分の分身のような存在ですが、ありきたりなデザインでは相手に覚えてもらうことができず、アピール不足に陥ってしまいます。武器として名刺を活用するのであれば名刺WEB発注システムを活用し、最適なデザインを施したいものです。



名刺のレイアウト重要ポイント4つ



優れた名刺は業種によっても異なりますし、活用方法によっても変わってきます。しかしレイアウトにこだわりをもち他の人と差別化したデザインの名刺は武器になること間違いありません。名刺WEB発注システムを利用し名刺を作成する場合、レイアウトに関する重要ポイントを押さえる必要があります。



重要部分の明示



名刺には企業名や部署名、名前、電話番号、メールアドレスなど様々な情報が記載されていますが、特に重要度の高い名前や企業名などはより相手にわかりやすくしなければいけません。文字サイズを大きくすることも有効ですし、重要部分だけフォントを変えることも有効です。ただ全体的なバランスが崩れないように工夫することは忘れてはいけません。



ジャンプ率



名刺に記載されているすべての情報が一定の文字リズムであれば、相手に対してアピールすることが難しくなります。ジャンプ率に注目し文字の倍率を適切な形で変更することにより、見栄えが良くなるだけでなく自然と好印象を与えやすくなるでしょう。



バランス



余白や文字の揃い具合などにより、名刺のデザインバランスはかなり違ってきます。余白がアンバランスであったり文字が揃っていないとだらしない印象を与えてしまい、ビジネス活動によくない影響も考えられるでしょう。単純な色合いやフォントなどだけにこだわるのではなく、バランスが取れているかどうかも十分チェックしてください。名刺を受け取った側も見やすくなり、印象もよくなります。



ロゴの配置場所



文字が圧倒的大半を占めることが多い名刺ですが、それぞれの企業のロゴマークなどを挿入することが一般的です。ロゴが入ることによりクオリティレベルが一気に高まります。ロゴは文字以上に全体のバランスに影響を与えるため配置場所に注意したレイアウトを心がけましょう。


名刺における黄金比



美しく見せるためには黄金比に基づいたデザインをすることになります。名刺作成の際以外にも様々な分野のデザインに黄金比が用いられており、美しく見えるように工夫が凝らされます。

四角形における黄金比は1対1.618が比率となっており、この比率を駆使して名刺内にいくつもの黄金比のスペースを作り上げて、各項目に必要事項を記載することになります。何も考えずにただ記載したい内容だけを並べた場合に比べて、計算し尽くされたような美しさや見栄えの良さを名刺を見る人に与えられます。一般的に知られておらず、なかなか実践されていないからこそ黄金比にこだわった名刺作りを行うことで、よりビジネス活動に効果的なものができ上がるでしょう。名刺WEB発注システムを活用する際にもこの方法でレイアウトを組み上げると、後悔することのない名刺になるでしょう。

名刺作りにおいて空白の有効活用もおしゃれさを生み出すコツになりますが、実は空白をおしゃれに配置するのは至難の技です。その際にも黄金比が活躍し、この比率を利用することで比較的楽にクオリティの高い名刺デザインが作れるでしょう。

フォントは名刺の雰囲気を作る



文字のフォントにはポップさを表す種類もあればかしこまった雰囲気を表すものなど、多種多様なものがあります。例えば明朝体とゴシック体は比較的よく活用されますが、これらを選び分けるだけでも名刺が放つ雰囲気はガラッと異なるでしょう。名刺は相手に対して自分の名前や企業名などを伝えるだけではなく、デザインを通して様々な事柄を伝えることになります。だからこそフォントが放つ雰囲気には気を配るべきではないでしょうか。

それぞれの業種によって適切なフォント形態は様変わりし、例えば士業をはじめとした堅さが必要な場合には明朝体を、そしてファッション分野やアミューズメント分野などのある程度のポップさが求められる業種であれば親しみやすいフォントを採用することもありますが、一概に言い切ることはできず、例えば士業の場合に親近感を与えて契約に結び付けるために、あえてポップ調のフォントを用いることもあります。

単純に他人の名刺フォントと差別化すれば良いという問題ではなく、フォントはデザイン自体をかたち作る重要ポイントとなるため、名刺WEB発注システムの利用の際には複数のフォントを試して見栄えを確認するようにしましょう。



まとめ

名刺の名刺WEB発注システムを利用することは以前に比べてかなり一般化してきました。その際にネックになるのがデザインですが、重要なレイアウトポイントを押さえて実践し、また黄金比率やフォントにも気を配ることでクオリティの高い名刺が完成します。ビジネスにおける自分の分身だからこそ、真剣に考えなくてはいけません。

  • お問い合わせ
ページTOPへ

【法人向け名刺発注システム】Web発注で業務・コストの削減!