• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • 名刺作成をするならシステム化の利用をすると便利
  • 名刺作成をするならシステム化の利用をすると便利

    名刺作成をするならシステム化の利用をすると便利


    名刺作成をする時には、作成システムの利用が便利



    名刺は社会人にとって必要となる場面の多いツールです。取引先との挨拶をはじめ、さまざまなビジネスシーンで役立つ名刺は、自分で作ることも可能ですが、大量に作ろうとすると意外と手間がかかり費用面でも負担が増えてしまいます。もし企業などで大量に名刺が必要となった場合、名刺作成システムの導入を考えてみてはどうでしょうか。これは名刺を作るコストを抑えたい、あるいは作る時の手間を少しでも省きたいなど名刺作成をする際に起きる問題を解決するための手段として、非常に有効なものとなっています。自作する場合は、どうしてもコストや外注などの手間がかかりますが、それらを抑えることができるというのは大きなメリットがあります。

    名刺は社会人にとって必須とも言えるアイテムで、ビジネスシーンにおいては、持っていないと失礼となってしまうような場面も少なくありません。しかし自分で作成するのは難しいものですし、コストや手間がかかってしまいます。外注で作ることもできますが、その場合は大量に発注しなくてはいけない場合もあり、一部の人のためにだけ発注するということは難しく、結局コストがかかってしまいます。しかし社内で作る場合、作るための機材などが揃っておらず作ることができないという場合も多いですから、外注か個人で手間をかけて作るということになりがちで、名刺という必要な物を手に入れにくい状況にあるという方も多いのではないでしょうか。

    名刺作成のために、作成システムを利用するとどのようなメリットがあるのか、もし導入する場合、依頼する会社を選ぶ時にどのようなことに注意して選ばなくてはいけないのかという点を覚えておくと良いでしょう。これらの知識を持っておけば、作成するのが難しい名刺を、手間やコストを抑えて作ることができるので、非常に便利です。



    利用するメリットとはいったい何か



    名刺作成システムを利用することはさまざまなメリットを持っています。そのメリットの一つは、やはりコストを抑えられるという点です。

    基本的に外注で名刺を作成する場合、どうしてもある程度まとまった単位からの注文となってしまい、少ないロットの名刺が欲しいという場合にはコストが余計にかかってしまいます。しかしこちらを利用することで必要な枚数だけを作成することができるようになるので、コストを安く済ませることができます。必要な時に必要な枚数だけ作成することが可能となるので、多く作成しすぎて無駄になるという事態を防げます。

    この他に得られるメリットとしては、名刺を作成する際に必要となる時間が短くなるということも挙げられます。外注で作る場合、構成などもしなくてはならずどうしても作成までに時間がかかり、すぐ必要であるという場合に不便という場合が多くありました。しかし自社で作成できるようになれば、必要な時にすぐ作ることが可能となります。そのため手間と時間を削減することができます。名刺が必要となる場面は多くのビジネスシーンであり、迅速に手に入れる必要もありますので非常に重要なポイントです。

    名刺作成システムを利用することによって、コストと手間を省くことができ、さらに自社内で名刺を作成することができるようになるため、枚数なども必要な分だけに絞れるという点は大きなメリットと言えます。もし名刺の作成に関して困っているという場合は、こういったものの利用を考えてみてはどうでしょうか。



    導入する場合はどうすればいいのか



    名刺作成システムを導入しようと考えた場合、どのように導入すればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。多くのメリットを持っているのが分かっていても、方法が分からなくては導入ができないので、そうした場合はどこに相談すればいいのか知っておくと便利です。では、具体的な方法について紹介をします。

    まずは名刺の作成を行っている企業などへサンプル作成の依頼をする必要があります。今現在使っている名刺を用意し、それと同じデザインにするのか、それとも新しくデザインするのかを伝えるようにしましょう。新しくデザインからサンプル作成を依頼する場合は、別途料金がかかることもあるので注意が必要です。この時に渡された名刺やデータを基にサンプルを作成してもらい、デザインや社名、ロゴなどがこれで良いのかどうかを決定し、作成されたサンプルで問題がなければ契約の手続きに進むことになります。サンプルの修正が必要だという場合は修正点を伝えて自分の希望するデザインの名刺となるようにしましょう。

    サンプル作成後に問題が無いという場合は、そのまま希望する名刺作成システムの導入を行っている企業へ登録申し込みをすることになります。登録申込書には名刺の個人情報などの必要事項を記入することになりますが、名刺の個人情報だけではなく注文を承認する担当者が必要となるので、基本的には上司となる方がこの承認担当者となるようにしておきましょう。登録申込書を提出してから1週間ほどで登録完了となり、注文の際に必要となるログインIDや操作マニュアルが送付されてきます。これらが送付されてきたら導入完了となり、名刺の作成の注文などが可能となります。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ