• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • 名刺発注システムの導入を検討するにあたっては
  • 名刺発注システムの導入を検討するにあたっては

    名刺発注システムの導入を検討するにあたっては


    名刺の使用場面や役割、サイズ変更に関する情報



    名刺は、主としてビジネスシーンで使用されますが、基本的には、取引先のスタッフと初対面の場合などに、自分を売り込むためのツールとしてお互いの名刺を交換することとなります。そのような場面では、業者の名刺発注システムを導入して自分らしさをアピールすることのできるデザインの名刺をつくり、有効活用したいところです。名刺にデザインをほどこすに際しては、然(しか)るべきポイントを押さえた上で実際のアクションを起こすことが大切になります。

    まず、名刺には、標準的なサイズというものがありますが、サイズ変更が可能な業者もあります。そのように標準サイズではない名刺を差し出すことにより、相手にインパクトを与え自分をアピールすることができます。ただし、あまりにも大き過ぎる名刺は、専用の入れ物に収まりきらなくなってしまうという問題があります。一般的な名刺入れに収まらないと、名刺を受け取ったものの保管場所に困り、紛失したり廃棄してしまったりするリスクが高くなります。また、反対に小さ過ぎると、印刷されている文字が読みにくくなってしまいます。こちらの場合は、サイズを変更してインパクトを強くしたつもりでも、肝心の記載内容の印象が薄くなり、名前などを覚えてもらえないリスクが高まります。

    サイズ変更を行う場合はそういった事情を踏まえてしっかりとアピールできる名刺をつくりましょう。



    デザインに工夫を凝らして自分を売り込む方法



    専門の業者による名刺発注システムなどを利用して名刺を印刷する場合には、自分の持ち味を伝えることができるよう、デザインに工夫を凝らすことが大切です。例えば、名刺にどのような情報を記載するかも、チェックポイントとなります。

    一般的には、氏名や勤め先の企業名、連絡先、自社のホームページのURLなどを記載するケースが多く見受けられます。記載する情報には、これといったルールやマナーがある訳ではないので、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に応じて、適切なものを選択することができます。ただし、情報の量が多過ぎると、視認性が悪くなり、相手が記載内容をチェックする気をなくしてしまうリスクが生じてしまいます。また、反対に情報が少なすぎると必要な内容が伝わらなくなり、自分を売り込むという名刺本来の目的を果たすことができなくなってしまう可能性があります。そういったリスクを回避するために、まずは最低限の情報を盛り込んだ上で、自分のオリジナリティーを生かした内容の記載について検討することをおすすめします。

    次に、名刺の作成にあたっては、記載するテキストのフォントにも気を配りたいところです。ひと口にフォントと言っても、その種類はバリエーションに富んでおり、それぞれにデザインや印象の違いがあります。そのような状況の中では、こだわりのフォントを使用した名刺を差し出すことで、自分ならではの魅力をアピールすることが可能になります。



    名刺に使用するフォントや名刺交換時のマナー、専門業者の選び方について



    業者による名刺発注システムの導入などにより名刺を作成する場合、使用するフォントにこだわって渡す相手に強いインパクトを与えるという方法もあります。名刺に使用することのできるフォントにはさまざまな種類がありますが、あまりにも多種のフォントを使うと名刺全体に統一感がなくなり、相手にまとまりのない印象を与えてしまいます。そのようなリスクを避けるために、フォントの種類はある程度までに抑え、その中で自分の魅力をアピールすることができるよう、工夫を凝らすのがおすすめの方法です。

    そのようにして名刺を作成したら、いよいよ実際に使用することとなりますが、とりわけビジネスシーンでは、名刺を交換する際のマナーというものが存在します。マナー違反をすると相手に与える第一印象が悪くなり、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことにもなりかねないので、その点は注意する必要があります。例えば、お互いがテーブルを挟んだ位置にいる場合、テーブル越しに渡すのはマナー違反となるので、テーブルの横に立って、近い位置で渡すようにしましょう。

    また、企業内で使用する名刺を印刷するためにサービスを提供してくれる会社を探すにあたっては、業者の選び方にも気を配ることが大切です。例えば、デジタル印刷による名刺発注システムの稼働をスタートしてから長い歴史を歩んできたところは、信頼性が高くなります。デジタル印刷の技術を採用したシステムの場合、フルカラー印刷に掛かる料金がリーズナブルに設定されているほか、短納期での対応が可能になるといったメリットもあります。また、Web上での名刺作成サービスを自社で開発して、提供を開始してから今にいたるまで順調に業績を伸ばし、多数の企業との取引実績を持つ業者は安心感を持って利用することができます。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ