• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • 名刺発注相場とコスト削減方法で経費削減を行おう
  • 名刺発注相場とコスト削減方法で経費削減を行おう

    名刺発注相場とコスト削減方法で経費削減を行おう


    名刺発注の新時代h2>

    名刺発注は、雛形で簡素に作る事も多いものですが、最近の名刺作りは少しずつその印象も変わりつつあります。デザイン性の高さが求められたり、印象に残る一言を添えたりと、その人の顔ともなる名刺はビジネスシーンにおいて大切な存在でもあります。名刺作成には高いクオリティが求められるものですが、会社規模によって名刺印刷の必要枚数も増加するため、コストもかかりやすくなります。

    しかし、名刺作成の業者選びをきちんと行うことで、これまで当たり前にかかっていたコストを削減することも可能です。名刺作成業者では、大量注文によりリーズナブルな金額で請け負うことが可能な場合があります。それだけではなく、WEBを利用した注文システムの業者の場合では、デザインの変更や修正点があった場合に発生するメールやFAXのやりとりといった手間の部分も無くすことができます。

    また、WEBを導入している業者なら、発注書や見本の名刺をデータとしてWEB上で確認することができるため、閲覧確認のためにコピーを取ったり社内共有のメールに添付する必要もなく、複数人で確認をすることも可能です。

    このように、余分な事務作業の手間を省けるということは、忙しいビジネスマンにはおすすめの方法と言えるでしょう。このため、結果印刷までの工程スピードも上げることができます。さらに、データでの保管を業者が行っていることで、発注書紛失といったトラブルを防ぐこともでき、発注書の出し直しの際もWEB上でデータの修正をすることもできます。データであれば過去の履歴の照合も簡単で、見たい時にすぐ履歴を確認することが可能です。今や、印刷はデジタル印刷が主流となっています。スムーズに作成するためにも、これまで手間がかかっていたアナログ印刷から見直してみてはいかがでしょうか。



    名刺発注とセカンド名刺



    最近の名刺発注の注文で、増えてきているのが個性のある名刺の作成依頼でしょう。名刺の役割は、自分の個人情報を伝える事ですが、相手に覚えてもらうにはオーソドックスな名刺はあまり適切とは言えません。しかし、個性のある名刺であれば、受け取った相手のイメージも変わってきますので、印象が残る可能性も高くなります。印象に残る名刺やインパクトのある名刺、または与えたい印象を与えられる名刺といったものを求める声も増えています。

    その一方で会社の名刺はそのままのスタイルで、別口で仕事以外でも使える名刺を作成する方も増えてきています。その理由としては、会社の名刺は堅苦しくて使いたくない、職業を知られたくない、仕事抜きで楽しめる仲間用に趣味の名刺が欲しいなど、セカンド名刺を作りたい理由は人それぞれです。たとえば京都の舞妓さんたちの間では、花名刺という名前の名刺が使われていますが、これは元々千社札からきているものです。千社札とは神社仏閣に天井や柱に貼る為の紙製の札の事ですが、巡礼した際にその印として、自分の住所や年齢に同行者などを記した木や紙の札を納めたのが始まりとされています。

    舞妓さんの使う花名刺は「お金が舞子む」などとされ縁起の良いものとされています。趣味でセカンド名刺を作られる方は、本名を書かずに済ませる場合もあり、ネットユーザーではハンドルネームやニックネームを名前の代わりに使う事もあります。また、水商売では昔から源氏名が使われており、こうした女性の好む名刺は角丸で女性らしさを強調しています。



    名刺発注に対するコスト



    名刺にかかってくるコストは、台紙の代金に加工料やオプション料金などが含まれているもので、台紙の材質やレイアウト、そして色の選別などで価格は大きく変わってきます。コストを安く上げるには大量に名刺発注する事で、簡単に安く名刺を作る事ができます。また家庭用のプリンターでも、簡単に作る事のできる手作り名刺では、パソコンで作業しますので、たいていのものはイメージ通りに作る事ができます。写真画像も加工した写真を張り付ける事ができますので、オンリーワン名刺を作る事も可能ですが、台紙に使う紙は薄いタイプが多いのが難点でしょう。

    しっかりとしたプロの名刺を作るのであれば、やはり専門の名刺印刷業者に頼むのが一番で、台紙のバリエーションも豊富で、レイアウトや書体や画像まで、ありとあらゆる注文に応じてくれます。名刺に使うフォームには、一般的なモノクロ名刺のほかにもカラー名刺があり、いわゆる名刺全体に色を付けるべた塗りの全面印刷などがあります。また、最近はやりのイラスト名刺や似顔絵名刺、ロゴ入り名刺や写真付き名刺なども、最近よく作られるタイプの名刺と言えるでしょう。

    素材にこだわるのであれば、台紙に和紙を使ったものはバリエーションが多く、多くの種類があり和の優美さを強調する事ができます。また、特殊な紙を使ったものもあります。最近はQRコード入りの名刺もあり、WEBサイトなどを見てもらいたい場合には有効活用となるでしょう。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ