• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • 新入社員の名刺を作ろう
  • 新入社員の名刺を作ろう

    新入社員の名刺を作ろう


    顔と名前を覚えてもらうためにも作り方を工夫しよう



    春になると新入社員が入社する企業も多く、新入社員のために名刺の作成を考えている企業もあるでしょう。実際に新入社員となると作成の際にこだわらなければならないポイントがいくつか存在しています。その中でも顔と名前を覚えてもらうためにも印象に残る方法について考えると良いでしょう。では、具体的に印象に残す作成方法とはどういったコツがあるのかについてを今回は紹介します。

    まず、大切になるポイントとしてはプロフィールや業務内容などを詳しく記載することです。ありきたりな名刺は基本的に白黒で名前と連絡先など必要最低限の情報しか載せていないことが多いですが、新入社員の場合は、必要最低限の情報では相手に印象に残すことができません。より自分のことを知ってもらうためには、プロフィールを詳しく記載することや、業務内容についても書き込んでおくと良いでしょう。例えば生年月日や出身地、趣味など多くの情報を入れておくことで話の内容も広がり、取引先やお客さんに顔と名前を覚えてもらいやすくなるでしょう。

    続いての大切なポイントとしては写真やイラストを入れることです。名刺には限られたスペースしかありません。幅もそれほど広くないのでたくさんの情報を入れるのは難しくなりますが、画像やイラストは文字とは違ってたくさんの情報を伝えることが可能です。また、写真やイラストはインパクトを残す強い方法となるので、印象に残すためには魅力的な方法でしょう。

    また、加工についても考えると良いでしょう。名刺はシンプルなデザインが多いですが、必ずしもシンプルにしなければならないというルールはありません。職種のイメージに合うような加工をすることによって、より印象を残しやすくなります。しかし、あまりにも派手にしてしまうと印象は悪くなる恐れがありますので注意しましょう。特に新入社員の場合は派手にしないよう注意が必要です。その他にも手書きを加えることでより印象に残る名刺に仕上げることができます。名刺には裏面も存在していますが、裏面は基本的に空白になっていることがほとんどです。もっと自分のことを知ってもらいたいと思っている場合には裏面の余白を利用して手書きで加えることでインパクトを与えることができます。

    このように、新入社員の名刺を作成する場合には事前に検討しておきたい点がいくつか存在しています。特に多くの人の印象を残すためには作り方が大切になるのでこだわりましょう。慎重に作成することで名刺をきっかけに新たな仕事を獲得出来るなどの可能性が広がります。



    名刺を交換する際のマナーについて考えよう



    新入社員は初めて名刺を交換する際には、緊張することもあってもマナー違反をしてしまうことがあります。はじめのうちの失敗は付き物なのでしょうがないことですが、相手に不快な思いをさせることなく、またなるべく上司に迷惑をかけないためにもマナーは守っておきたいと思っている人が多いのではないでしょうか。今回は名刺を受け渡しする際のマナーについて紹介をします。

    まず、受け取る際のマナーについてです。受け取る際には相手の会社のロゴマークや名前の上などに指を置かないように気をつけ、端の余白の部分に指を置くようにしましょう。また、同時に差し出した場合ですが、目上の人よりも先に受け取らないようにしましょう。目上の人が先に受け取ってもらい、その後に受け取るのがマナーです。

    続いて名刺を渡す際のマナーについてですが、渡すときにはテーブル越しに渡さないようにしましょう。テーブル越しでは失礼にあたります。渡す際にはテーブルの横に立ち、立ってから渡すようにするのがマナーです。その他にもポケットや財布から取り出すことは避けましょう。財布やポケットから取り出すと汚れてしまうこともあります。なるべく綺麗な状態で渡すことがマナーです。

    このように気をつけたいことはいくつか存在しています。心配な人は事前に調べておくと良いでしょう。



    名刺をネットから注文するメリット



    会社へ入社が決まると新入社員のために名刺を作成する企業の中には、近年はネットから注文するサービスが人気を集めており、様々な企業が活用しています。では、実際にネットから注文するメリットとしては、どのようなことがあるのでしょうか。

    メリットとしては価格が安いため経費削減になる点です。実際にネットなら小ロットでも対応してもらうことができ、安く作成することが可能です。なるべく費用をかけたくないと思っている企業も多いと思いますが、ネットからの注文であれば予算内で作成することができるでしょう。また、デザインを相談できることが魅力の一つです。予め希望を考えておくと、相手にもスムーズに伝えることが出来るため理想の名刺を作ることができます。デザインが苦手な企業は相談できるところを選択すると良いでしょう。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ