• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • 法人が採用する!これまでとは違う新しい名刺発注のシステム
  • 法人が採用する!これまでとは違う新しい名刺発注のシステム

    法人が採用する!これまでとは違う新しい名刺発注のシステム


    システムの内容



    webを利用して名刺発注・作成などのサービスを行っている企業があります。最近のデジタル印刷の技術は大変進歩しており、フルカラー印刷を行うことが可能となっています。そのため従来の印刷とは異なるデジタル印刷を利用することで、高品質ながらも、これまでとは違う短い納期で名刺を作成することができます。これらのメリットが高評価となり、現在ではweb上でデジタル印刷技術を用い名刺を作成するサービスを提供しています。

    名刺の印刷だけを行うだけでなく、これらのシステム構築を行うことにも成功しており、様々な企業にこれらの技術を導入することで、同じ技術を常時利用することに成功しています。国内の大手の企業に提供しているサービスで、これまでの印刷サービスに比べて、新しい印刷サービスを提供することができる技術やノウハウとなります。これまでの印刷サービスでは、希望する書体やレイアウトを決める事は印刷の都度必要となります。そのため打ち合わせが長くなり、納期もデジタルのように短くないため、長期間の時間が必要です。しかし、デジタルの技術を導入することで、レイアウトなどの印刷内容の変更が容易となり、同時に納期時間を短縮させることに成功することで、早く印刷物が欲しい企業にとって大変魅力的なサービスを提供することに成功しています。

    また、これらの技術に関しても企業内で構築することが可能となることで、その後も同様のサービスを利用することができるため、さらなる納期の短縮につながっています。迅速な対応をすることは、現代の経済社会では必要な条件の1つとなっています。印刷に関するこの迅速な対応は、これまで行われていませんでしたが、これからは、当たり前の対応になってきます。それだけデジタルの印刷技術は魅力的であり、今後の印刷技術においても必要不可欠な存在となっています。



    効率の良いシステム



    これまでの名刺発注などに関しては、効率の悪い状況で印刷を行っているのが当たり前でしたが、最近では変化しています。デジタル技術を導入することで、企業にデジタル技術による印刷物の効率化を提供することに成功しています。特にシステムをその企業で構築することができるため、これまでの問題を解決することに成功しています。

    これまでは、発注書を印刷してから管理部門に送信をして、承認されてから工場へさらに送信をすることで印刷の名刺が完成することになります。その後も校正を行ってから必要な部分の修正を行い印刷物も配送することになります。これら一連の流れを行うとどうしても長期間の時間が必要となります。そのため名刺発注に関しても、日数の要するものになっていましたが、デジタル技術の導入により短期間での納期に成功しています。

    デジタルによる名刺の印刷では、パソコンのインターネット技術を利用しweb上で発注の申請や名刺に関する確認を行うことができます。そのため下処理となる印刷や送信の手間が省かれることになります。校正についてもweb上で行うため簡単に手直しを行うことができ、印刷した名刺に関しての修正を行う必要がなくなります。

    また、これまで管理決済そして承認していた部門を独立することができ、発注書や名刺のデザインについての確認を管理部門がいつでもWeb上で確認できるため、名刺の印刷に関する決済がスムーズに行われます。デジタルで管理することになるのでデータとして一括管理ができるだけでなく、発注書の紛失の心配がないため、過去の発注に関する履歴を確認出来るメリットがあります。そのためこれまでの印刷と異なり大変早く、そして安全に管理されることになります。



    印刷部門の効率化



    印刷部門では、これまでと変わらない美しい印刷を行っている場合には、大変時間のかかる工程を行うことになります。法人でも名刺発注に関してはアナログの場合には発注書、データを制作し印刷完成したものを検品や校正を行うことになります。これらの工程については、別々の人が行ってもそれぞれ流れ作業として行うことができず、時間のかかるものになっています。修正を行う場合でも、最初から印刷することとなり大量に印刷を行う必要や異動などによる印刷をし直す事は大変時間を要します。

    しかしデジタル技術を導入することで印刷部門の簡素化が実現します。その法人の社員が名刺発注を行った場合には、申請書に基づきパソコンを使ってデータ入力し、パソコン上で修正や管理を行うことになります。そのため確認をするために印刷する必要がなく、印刷部門においてもとても簡単に最終的な発注を行うことができます。

    特に申請が集中する期間についてのみ発注を行うこととなり、その期間だけが忙しくなりますが、web上で処理することで印刷面の簡素化に成功することになります。また、申請に関する決まりに関しては変更することなく同じですが、それからの印刷の仕方が異なるため大変早く印刷が終了することになります。

    しかも、人事データに関してはインポートを行うことができるため、1度に大量の注文を行っても問題なく対応することが可能となります。これは、web上によるデータ処理を行うことで面倒な印刷や校正等をその都度書類として行うことを省くことができるため実現しており、短い期間の納期を行うことができることにつながります。人事異動の時期に迅速な対応ができるのは、企業にとっても大変魅力的なサービスとなります。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ