• TOP
  • サービス一覧
  • 名刺発注システム「PRINTBAHN II」
  • コラム
  • 法人で名刺を製作する際に気をつけておきたい事
  • 法人で名刺を製作する際に気をつけておきたい事

    法人で名刺を製作する際に気をつけておきたい事



    会社と人の顔になる重要なツール



    社会人になるとビジネスの場で必須になってくるものが名刺です。最近では会社で配られるものだけでなく、趣味の場で配るための個人が用意する例もよく目にするようになりましたが、やはり必要とする場面の多くは仕事が関わるものになるでしょう。初対面の相手に対して、最初の挨拶の際に交換する55ミリ×91ミリの小さな紙片の中には、個人の情報と所属する組織の情報が記されています。必ず書いてある情報として、個人の名前、役職、連絡先、会社の名前、住所などが挙げられます。

    名刺は、それを目にするだけで会社が行っているビジネスや自分の肩書きなどがすぐにわかる、最低限必要な事柄が並べられたツールとなるのです。多くの場合、最初に交換した時には、さほど活躍するものではありませんが、後からふとした時に思いだして連絡を取るときや、後日改めて顔を合わせる前にどのような人物だったのか思い出す時などに非常に役立ちます。

    名刺は人と人を繋ぐためのアイテムであり、また個人や会社の顔であるとも言われています。そのため会社で作る場合には個人を知ってもらう事も勿論重要ですが、それ以上に所属している組織がどういった所であるのかを印象づけることも重要になります。紙片の中に文字として記される会社や個人の情報がわかりやすくまとめられていることは勿論、その会社や団体のイメージを印象付けるためのロゴマークや自社のキャラクターなどを掲載したり、カラーリングに気を遣うといった工夫もその人や会社をイメージさせることに一役買ってくれます。

    普段何気なく交換するだけになっている名刺ですが、人と人、会社と会社を繋ぐための重要な架け橋になるアイテムであるため、その中に書かれた情報に漏れや間違いがないよう、作る際にはしっかりと確認をする必要があります。



    名刺を作る方法



    企業や法人で名刺を作る方法は大きく分けて2種類あります。1つ目は、自社で内製してしまう方法です。内製とは、その名の通り自社で一から作り上げることを言います。パソコンの専用ソフトなどを利用してデータを作り、プリンタや複合機で印刷をする方法が一般的です。業者に依頼をして作る場合、最小ロットが100枚からが一般的なため、多すぎて余ってしまう場合や、肩書きが変わる度にたくさんのロスが出てしまうといった時には、必要な分だけ刷ることができるこの方法なら無駄を省くことができます。また、業者に依頼すると途中で在庫が無くなった際にも、発注してから届くまでの時間がかかってしまいますが、内製ならばデータを立ち上げて印刷するだけとお手軽にできる点もメリットです。しかし、従業員の数が多い場合や、日本全国に支店を構える企業や法人の場合、多くの人の情報を集約してチェックする作業は手間になります。

    そうした時には、2つ目の外部の業者に頼むという方法があります。最近ではアウトソーシング、外部委託といった言葉もよく耳にしますが、このアウトソーシングを利用することによって高品質な物を効率良く製作することができます。中でも、発注までのメールやFAXでのやり取りが煩わしい、手間になるといった場合にWEB上で発注からデザインのプレビュー、校正作業までできるサービスならやり取りに余計な書類を作る必要もなく、すべてパソコンの画面上で確認ができます。データで残るため、書類を紛失する心配もなく、過去のデザインも確認できるものもあるため、管理が簡単になる点が魅力です。



    法人向けサービスを利用してみる



    現在、さまざまな企業で法人向けの名刺印刷サービスが打ち出されています。データの管理をWEB上で行い、面倒な書類の作成や管理をすることなく、画面上でデザインや校正、発注までできるものも登場しました。内製で作成する場合でも、印刷に必要な用紙代やインクカートリッジ代、そして人手も必要になってきます。それらにかかる費用は、法人向けのサービスを利用することによって、コストの削減ができるかもしれません。特に人数が多い場合にはこうしたサービスを利用することによって作業の効率化も叶い、担当者の負担を軽くすることも可能になります。

    毎年人事異動があるシーズンには名刺の発注量も増えるため、作成にかかる作業が担当者にとって大きな負担になることや、製作が間に合わず納期の遅れが出てしまう恐れもあります。その点このサービスを利用すれば作業はWEB上で行え、校正や修正も可能です。データを送信した後の印刷も納品までのスピードを売りにしている業者もあります。これらの徹底した作業の効率化によって、繁忙期であっても届くまでに時間がかかる、間に合わないといった心配が軽減される可能性があります。

    法人向けの名刺作成サービスの利用を検討する場合は、まずはインターネットで検索することや、資料を請求することで情報を集める事から始めると良いでしょう。名刺は会社を紹介し、そしてそれを持つ個人のことも紹介するために重要なツールです。良品質で間違いのないものを素早く作ることができるこういったサービスを利用することで、業務の効率化やコストカットに繋がる道が開けるかもしれません。

    次の記事へ

    名刺発注システム「PRINTBAHN II」へ戻る
ページTOPへ