採用情報

top
top

販促ツ-ルをデイレクション。

「お客様が気づいていることだけでなく、気づいていない潜在ニーズを引き出し、カタチにすることを心がけています」 と西日本事業部の細井啓貴。 細井のクライアントとなるのがアミューズメント企業。アミューズメント施設の店内装飾であったり、サインボード(看板)といったプロモーションツールを企画し、デザイナーなどにディレクションをおこないながら、プロジェクトを統括する細井。 「その中でも一番多いのはDM。特に店舗のお客様であったり、会員になってくださっている方には、DMが有効です。DMは、お一人ひとりに合わせ、“お誕生日おめでとうございます”などのメッセージも伝えられますし、いわばラブレターです」 たくさんのお客様が来店し、楽しそうに過ごしてくれている姿を見たとき、達成感を感じるという細井。アミューズメント施設はもともとお客様が楽しみに来る場所、その楽しさを伝えていくのが細井の役割だ。 「クライアントになり代わり、メッセージをカタチにするのが自分たちの仕事ですから、伝える力をさらに高めていきたい。そして、映像などのツールもさらに積極的に使っていきたいと思っています。プロモーションツールとしてだけでなく、教育ビデオの制作などにもトライしたい。お客様のために何ができるかを考え抜き、最新のツールや新しい表現方法も取り入れ、サイバーネットの新しい事業の柱を作っていきたいと思っています」

One day schedule

Private photo

社員同士が家族のような関係性ですね。私は西日本事業部に所属していますが、東京の人たちにも気軽になんでも相談できます。

ページTOPへ