お歳暮とお中元の違い。マナーと金額相場について解説



お歳暮やお中元を贈る際には、誰にどんな商品を選べばよいのか、いつ贈るべきなのかなど迷うことが多いと思います。意外と知られていないお歳暮やお中元の起源や贈る意味を知っておくと、相手に失礼がなく、スムーズに受け取ってもらえるでしょう。

この記事では、社会人の常識として知っておきたいお歳暮やお中元の違いや、贈るときのマナー、金銭相場について詳しく紹介します。お歳暮やお中元を贈るべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

年末にお歳暮・お盆にお中元!贈る時期や最適な商品が異なる


年末にお歳暮、お盆にお中元をなんとなくお世話になった人に渡しているという人も多いですが、お歳暮とお中元は、贈る時期だけでなく適している商品が異なります。起源がわかると贈る意味もよく理解できるでしょう。

お歳暮とお中元の起源は中国の習慣


お中元の起源とされているのは、中国の習慣だといわれています。中国では、古代より旧暦の三元(上元・1月15日、中元・7月15日、下元・10月15日)の3つの日に行事をしていました。

このうち中元には神様へお供えをすると犯した罪が許されるという道教の教えと、ご先祖の霊を供養する仏教行事・盂蘭盆が結びついて日本にお盆の行事として伝えられたといわれています。

日本では1月と7月に祖先をお祀りする習慣があり、江戸時代以降にお盆の時期や年末の暮れになると親類や商売の取引先などのお世話になった人へ贈り物をする習慣が現代へも受け継がれて、年末にお歳暮・お盆にお中元として贈り物をするようになっています。

お歳暮やお中元を贈る時期は地域によって微妙に異なる


お歳暮は年末、お中元はお盆の時期に合わせるのは全国共通ですが、地域によって最適な時期が少しだけ異なります。

お歳暮の場合、東日本では11月下旬から12月20日頃まで、西日本は12月13日から20日頃までが最適とされています。東日本の方へは少し早めの時期に贈っても問題ありませんが、西日本の方へは12月中旬以降に贈るようにしましょう。

どちらも12月20日以降になると、年末で忙しい時期になって失礼にあたるので、早めに準備することが大切です。また、どうしても年内に届けられない場合はお歳暮ではなく、お年賀として渡してください。

お中元も東日本の一部地域では7月上旬から15日まで、西日本を中心とした地域では7月中旬から8月15日までと贈る時期が異なります。関東方面など一部地域では新暦のお盆である7月盆ですが、西日本などの地域では旧暦のお盆である8月盆が多いです。地域によってお盆の時期が異なるので、贈る方の地域に合わせましょう。

お歳暮やお中元に最適な商品の違い



昔からお歳暮やお中元には米や酒など食べ物を贈る習慣があったように、現在でも食べられる物を選ぶのが一般的です。お歳暮は年末、お中元はお盆の時期に合わせて贈るので、その時期に応じた品物を選ぶのがよいとされています。

お歳暮の場合は、年末年始の料理にも使えるようにハムなどの肉類、海産物などがおすすめです。お中元は暑い時期を乗り切れるように、そうめんやビール、ジュースなどの飲み物や果物などが喜ばれています。お菓子の詰め合わせのように、季節を問わない商品もよく選ばれています。

お歳暮やお中元を贈る際に知っておきたいマナーや金額相場



お歳暮やお中元を贈る際には、最低限知っておきたいマナーがあります。どのくらいの金額の商品を選んだらよいのかも、合わせて確認しておきましょう。

お歳暮やお中元の贈り方マナー



お歳暮やお中元は日頃の感謝を込めて贈る物なので、普段からお付き合いのある仕事の取引先や、会社の上司、離れて暮らしている家族、親しい友人などに渡します。

これらの項目に該当する人でも渡してはいけないのは公務員の方などで、利害関係があると問題が生じる場合には、お歳暮やお中元のやりとりを禁止されている立場の方もいるため注意が必要です。

また、贈る物を選ぶ際には相手に喜んでもらえそうな商品を選ぶように配慮してください。たとえば、お酒がまったく飲めないという方にお酒を贈ってもあまり喜んでもらえないので、相手の好みをあらかじめリサーチしておくか、家族構成に合わせて商品を選ぶ配慮も必要です。

とくに生鮮食品を宅配便などで送る場合には、すぐに受け取ってもらえないと傷んでしまうおそれもあるので、あらかじめ先方にお知らせすることをおすすめします。

お歳暮やお中元の最適な金額相場は3,000円から5,000円


お歳暮やお中元はどのくらいの予算で考えておけばよいのか迷う方も多いですが、一般的には3,000円から5,000円くらいの商品を選ぶ方が多いです。日頃の感謝を伝えるための贈り物なので、あまり高額になると先方にも気を遣わせてしまいます。贈る人も受け取る人もお互いに気を遣いすぎない金額を目安にしてください。

感謝の気持ちを込めて喜んでもらえる食べ物を選びましょう


お歳暮やお中元は、日頃からお世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈るものです。昔から食べ物を贈るのが一般的なので、相手に喜んでもらえるような食べ物を選ぶとよいでしょう。

お歳暮は年末、お中元はお盆の時期に合わせて贈るものですが、地域によって最適な時期が異なるので事前に確認しておくことをおすすめします。相手にもあまり気を遣わせない程度の金額のものを、感謝の気持ちを添えて渡しましょう。


  • お問い合わせ
ページTOPへ